本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「WEB+DB PRESS」Vol.67

WEB+DB PRESS Vol.67
WEB+DB PRESS Vol.67
posted with amazlet at 12.04.05
川口 耕介 山本 和彦 大和田 純 白土 慧 太田 昌吾 個々一番 Shawn M Moore 清水 亮 じゅんいち☆かとう 小野 修司 おにたま 神林 飛志 杵渕 朋彦 中島 聡 齋藤 正浩 高橋 征義 ミック みやけん
技術評論社
売り上げランキング: 1325

 発売されてから1月半ぐらいたっているけど、ようやく通読したので、メモとして。

 この号ではWEB+DB PRESSで業務バッチ(by Hadoop)や組み込みボード(mbed)の記事が大きく載っていた。いやHadoopはDB関連の技術で、mbedはWeb関連の技術で、まったく問題ないんだけど、ちょっとびっくり。

 特集1がJenkins。作者の川口氏による解説で、普通にビルドやテストを自動化するのはもちろん、プロジェクト間の受け渡しや、ファイル指紋による履歴追跡、成功したビルドの昇進、VCSと組み合わせた検証済みマージなど、いろいろなユースケースを解説しているのが参考になる。

 特集2が、山本和彦氏による関数プログラミング入門。専門的な言葉を使わずに、赤黒木やパーサをHaskellで実装する例を解説していて、わかりやすい。が、自分にはそれでもなんかもやもやするような…

 連載改編期で、いくつかの連載が最終回。フロンティア対談の最終回は、Rubyのまつもとゆきひろ氏。ゲームデザイン連載の最終回は、シューティングゲームの進化過程と様式美について。SQL救急救命室の最終回は、比較的細かいケースと実装依存の機能について。スマートフォン連載の最終回は、Dropbox APIを使ったアプリ。JavaScript連載の最終回は、開発ツールやDOM vs. innerHTML、チーム開発、テストなどのベストプラクティス。PHP連載の最終回は、バイナリデータの処理。Okuyama KVS連載の最終回は、プログラムからの利用や運用の例の解説。濃縮還元オレンジニュースも最終回か。

 そのほか、Ruby連載が、Railsを中心とした“よくあるケース”の定番ライブラリの紹介。Perl連載がClass::MOPからMooseにわたるあたりの解説。Java連載がタスクをスレッドで実行させるときの注意点。.NET連載が、スキャフォルディングとそこで作られるコードの中身について。単発記事で、FacebookソーシャルグラフをRailsアプリで扱う解説も。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/999-d1ef4858

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad