本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EmacsでTotemの再生をコントロールする

 たまにテープ起こしの作業をすることがあります。私はそういうときに、Totemで.3gpファイルを再生しながらEmacsでひたすら入力していきます。が、面倒なのは、一時停止するたびにEmacsとTotemとでフォーカスを切りかえなくちゃならないことです。停止が遅れて、少し巻き戻さなくちゃならなかったりすることもしばしば。

 なので、EmacsからTotemの一時停止と再開をするためのEmacs Lispを書きました。ついでに、欲しかった“2秒戻り”“5秒戻り”も。

 見てのとおり、D-Busのメソッドを呼び出してるだけの、超簡単なコードです。が、これで想像以上に快適になりました。まぁ、EmacsとTotemでテープ起こしする人が世の中でどれだけいるかというと、“俺得”ツールかなと。

 …ちなみに、TotemでD-Bus Serviceプラグインを有効にする必要があるとか、そのときのBus Nameはorg.gnome.Totemじゃなくてorg.mpris.Totemとか、そのへんの単純なところで1時間ぐらい悩んでロスしました。

参考資料

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/991-2b7385cb

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。