本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「WIRED」vol.2

WIRED (ワイアード) VOL.2 (GQ JAPAN2011年12月号増刊)

コンデナスト・ジャパン (2011-11-10)

 ポール・グレアムによるVC「Yコンビネーター」のブートキャンプを、スティーヴン・レヴィがレポートしているということで、読んだ。

 採用から開発、投資家にプレゼンする“デモ・デイ”まで、分量は長くないんだけど、生き生きと、ポイントを押さえつつ描写。「採用ではサービスより人物を見る」「途中でプランを変更することもよくあるし、それで成功した例もある」「最後の1週間は徹底的にプレゼンを叩き込む」といったあたりが印象に残った。「それだ、その瞬間にみんな自分のブラックベリーに目を落とすぞ!」というダメ出しのシーンを拾って描くところとか、うまいなあ。

 ちょうど同じ頃にTechCrunchで「シリコンバレーで起業した日本人が語るスタートアップガイド2――シリコンバレー流の資金調達」を読んだので、相互に理解が進んだ。

 ほかの記事では、麻薬密売組織が独自に開発した潜水艦の話が面白かった。こういう、自分ではまったくマークしていなかった方向の記事が入ってくるのが、自分にとっての雑誌の利点だなあ。同じ号の記事「そして雑誌はやがてアンバンドル化する」とは逆だけど。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/959-a52b07c7

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad