本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2011年9月号

 第1特集「運用エンジニア『攻め』の仕事術」が面白かった。Web系などの状況変化の激しいインフラを中心に、設備の設計や増強、運用自動化などで先手を打っていく事例を、Webで大きいサービスをやっている各社の人が解説している。一方で異常系に対応する運用エンジニア、必要とあればシステム再起動やメンテナンス画面で凌ぐような泥臭いこともやり、障害時に二次災害を起こさないよう間違いを避ける心得なども語られている。

 運用関係の話では、連載「データベース技術の羅針盤」がDeNAのデータベースやクラウドの選択や運用について解説。連載「システム基盤構築記 by mixi」は、mixiでの運用ポリシーを紹介。連載「自作インフラのススメ」では、並河氏がChefを紹介。

 第2特集が、「トップエンジニアのお薦め本55」。小飼弾氏とジュンク堂長田氏の対談に始まり、名だたる技術者さんたちが本を紹介している。基本的にオーソドックスなセレクションで参考になる反面、隠れ名著的なサプライズはないんだけど(コンピュータ書でそれは難しいけど)、谷口氏の切り口は驚いた。

 「サーバーサイドJavaScript『Node.js』を知る」は、最近流行のNode.jsの解説記事。なぜNode.jsかに始まり、Node.jsとnpmをインストールし、モジュールをインストールしてIRCボットを作っている。

 そのほか、OpenFlow連載は、OpenFlowコントローラのモジュールを作って制御ルールを追加する例。Ubuntu連載はKVMで仮想マシンを作ってlibvirtでコントロールする話。Emacs連載は、Common Lisp開発環境を作る話。「はんだづけカフェなう」は、ArduinoにNFCリーダライタをつないで、おさいふケータイにURLを送るところ。「Excel VBAはぐれ技純情派」は、DAOを使ってほかのExcelシートのデータをSQLで取得する例。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/933-bdf2e11d

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad