本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2011年9月号

 この号はなんといっても、PiroさんによるLinux解説マンガ「シス管系女子」と、美女Linuxの中の人が美女Linuxの画像を使ってコマンドを解説する「初めてのコマンド活用術」の2つの新連載でしょう。そう来たかと。

 新連載はほかに、「アジアLinux/オープンソース最新事情」と、小田切さんによる「Linux認証のすべて」。

 特集1はLinuxセキュリティ。ウイルス対策やファイアウォール、rsyslog、Androidなど広くテーマをとり、手口側の概要も解説されているのが興味深い。Fedoraのセキュリティ関連の先進機能の解説もあり。

 Android関連は、特集2がAndroid 3.0ネタで、タブレット向けアプリ紹介とEeePCのroot攻略について。Titanium入門連載は、画面レイアウトとタップの基礎。レポートコーナには、MonacaとTitanium Studioのレビュー記事も。

 プリンタ連載はCUPS、PPD、foomatic、GS、Poppler、Gutenprint、PDF印刷パスのそれぞれと関係を解説。

 ほか、特集3は動画支援機能をLinuxから使う話。Wakam連載はストレージの話、特にS3系のオブジェクトストレージ。RHELクラウド連載は最終回で、Pacemaker動作編とP2V。upstart連載はsysvinitの基礎。Linuxカーネルの新機能の連載は、helperアプリの特権制限機能。

 ちなみに、この号には執筆していないので、普通に購入した。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/930-75d182bc

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad