本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2011年8月号

 特集2「5大Linuxディストロ完全解説」で、Ubuntuのパートを執筆しました。「Unityを中心に」というリクエストをいただいたのをよいことに(?)、Ubuntu自体の説明をさておいて、Unity(UbuntuのUIの)の使い方やカスタマイズ方法を説明しています。自分のところはともかく、Fedora、CentOS、Debian、Knoppixについては、その道のエキスパートの方々が、ちゃんとディストリビューションの特徴を解説していて、参考になると思います。

 特集1「Linuxだからできること50選」は、Linuxのさまざまなアプリの紹介とその使い方を1/2~2ページずつ紹介。いろいろなジャンルにまたがっていて、よく集めたなー。

 特集3が「Linuxカーネルの仕組み」で、うすだひさしさんの栗マンガでカーネルの基礎を解説するという趣向がヘンテコ(ほめ言葉)で面白い。特集4はPT2をlinux 2.6.38で使う話。

 編集部が人事移動だそうで、それにともない誌面レイアウトも少しリニューアルしていました。新連載もいくつか始まっていて、「プリンターを極める」はプリンティングの仕組みを解説。「Upstart完全理解」は、第1回はLinuxが起動するまでの仕組みの説明。「Web感覚で作るAndroidアプリ」はTitanium Mobileによるアプリ開発の解説。「やさしいLinux」の第1回はyumとaptの使い方。「意外とつまづくあんな設定こんな設定」の第1回は、LVMでのドライブ追加など。

 ほか、Matzさん連載はプロセス間通信(パイプ、SysV IPV、ソケット)とZeroMQ。Wakame連載は、IaaS基盤ソフトに必要とされる機能の解説。RHEL 6クラウド連載はPacemakerによる仮想サーバーのフェイルオーバー構成。LPIC連載はファイルシステムやネットワーク。「Linuxカーネルの新機能」はBPF JITコンパイラ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/920-371bfb4c

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad