本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2011年2月号

 Androidアプリネタ多し。特集2が「Androidアプリをコピペだけで作る」と題して、付属のDVD-ROMに入ったプログラムをビルドして動かしてみよう、という入門記事。なにげにNFCに対応してたり。関連してAndroidアプリ開発入門「イラストで分かるAndroidアプリ作り」が新連載で、開発環境の用意の話。「HTML5でつくるAndroidアプリ」も連載第2回で、video要素、audio要素、canvas要素の実例。

 第1特集がLinuxでUstream放送として、ブラウザでやる場合と、WebCamStudioでやる場合、WebCamStudio+ffmpegでやる場合を紹介。第3特集はWineで、いろいろなアプリで試した結果などが紹介されている。

 特選フリーソフトのコーナーでは、みんな大好きCalibreを紹介してた。特別企画はTiny Core Linuxの紹介記事。

 連載では、CentOS6が出てないけど「CentOS6を先取り」はUpstartとDovecotねたで、特にDovecotに力が入ってた。「ディストリビュータになろう」は、DebianやUbuntuで使われている.debパッケージの作り方。「ゼロから作る組み込みLinux機器」は、Gyazoの公開ソースによる画像サーバーをPC等で立ててLeopardBoardから写真を送る話。tftpブートやNFSルートで開発を進める方法も。「最新サーバーアプリ活用法」で毎回VPS/IaaSをレポートしてるのを面白く読んでたら、次号では格安VPS特集が載るらしい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/869-e4d3145f

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad