本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「WEB+DB PRESS」vol.60

WEB+DB PRESS Vol.60
WEB+DB PRESS Vol.60
posted with amazlet at 11.01.10

技術評論社
売り上げランキング: 457

 面白いらしいと聞いていた特集「プログラマが知るべき言語設計の基礎知識」はやはり面白かった。言語を使う側から見て、言語のループや変数やオブジェクト指向などのモデルがどうしてそうなっているかを解説している。のだけど、共通するメッセージとして「ルールは普遍的ではない」というのを強調していて、その説明が興味深かった。

 「圏外からのWeb未来観測は」、あの金子勇氏が登場。複雑系っぽいパラメータチューニングが得意という話が、いかにもっぽくて面白い。

 特集2は「jQuery実践入門」。よく使いそうなあたりをうまく網羅して紹介していてわかりやすい。それに関連して「JavaScriptの玉手箱」はHTML5にある機能を古いブラウザ向けに実装するライブラリの話。

 特集3「本番プロジェクト運営ノウハウ大公開」は、チームラボがチームづくり、永和システムマネジメントがアジャイルな計画、ゼロベースがアジャイルなUIデザイン、DeNAがソーシャルゲーム開発について、プロジェクト運営的な部分の話をそれぞれ紹介している。

 羽生氏の「これからの10年、どうサバイブするか」は、SD誌の「老頭児エンジニアのつぶやき」で書いてたのと同じ路線の拡大版。「10年後の自分は確実に10才年寄りになっている」というredpillのようなメッセージを軸に、顧客の要求によくある「欲しいと言っているものと本当に欲しいものは違う」ケースの分析手法を自分自身に当てはめる話。

 「つながるJava」は、コレクションライブラリの紹介をとっかかりに、LOUDSなどのデータ構造を紹介していて面白かった。ほか連載は、「DBアタマアカデミー」がRDBMSごとの実行計画の違いの解説、「PHP転ばぬ先の杖」が日時の扱いの罠の話、「Ruby in your hands」がjpmobileによるRailsアプリの携帯対応、「Perl Hackers Hub」が奥一穂氏によるforkやシグナルなどのUnix系のクリティカルな処理の解説、「モダンWebインタフェース構築術」がJavaScriptとFlashとの連係。「データ発見隊」は計算機上のコンテキストと実世界のコンテキストのインタラクションについて。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/863-b0ff586b

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad