本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2010年12月号

 恒例のフリーソフト特集号。私もちょっとだけ執筆に参加させていただきました。私が担当したのは以下のソフトです。

  • JOSM:フリーな地図のOpenStreetMapを編集する
  • termtter:端末上でTwitterを使うためのソフト
  • jhead:写真のEXIF情報をコマンドから操作する
  • ibus-skk:変換を細かく指定できるかな漢字ソフト
  • Hugin:複数の写真からパノラマ写真を合成するソフト
  • NeverNote:メモ管理サービス「Evernote」を使うクライアント
  • ack:ソースコードをgrepより便利に検索するソフト
  • GPSBabel:GPSロガーからデータを取り込むソフト
  • etckeeper:/etcディレクトリをバージョン管理ツールで管理
  • graph-easy:四角を線でつないだ図をテキストで簡単に描くソフト
  • nginx:高速軽量なWebサーバー
  • pwgen:ランダムだが覚えやすいパスワードを生成するソフト
  • SLIME:Emacs上でCommon Lispを開発
  • Wiki on a Stick:サーバーなしでWikiを体験できるソフト
  • awesome:タイル型のウィンドウマネージャ
  • esmtp:デーモン不要のMTA
  • Fastladder:サーバー型のRSSリーダー
  • fbterm:コンソール画面で日本語表示する
  • GNOME Do:キーボードで操作できるランチャー
  • howm:Wiki風にリンクされたメモをEmacsで書くソフト
  • qwikWeb:メーリングリストとWikiを連動可能なサーバー
  • rvm:複数バージョンのRubyを切り替えて使う

 わりと小物ツールというか、自分がふだん使っているものや、使ったこともあるものから選びました。なお、nginxの項の文中で「Flightpd」とあるのは「lighttpd」の誤りです、すみません。ほか紹介されているソフトをぱらぱらと見て、へーこんなソフトもあるんだといくつか参考になりました。

 あと、Ubuntu 10.10登場のレポート記事を2p書きました。まぁ、一般的な内容です。Ubuntuといえば今回、2年前のUbuntu概説記事が別冊で再録されていました。

 山幡さんのKVM連載は、本題に入ってVMEnter/VMExitまわりやページテーブルなど。なにげに、フェルナンドさんによるLinuxCon Japan 2010の仮想化ミニサミットのレポートや、山幡さんによるKVM Forum 2010のレポートの2本のコラムが入っているのも見所。

 セキュリティ連載は、DNSSECを解説。unboundを使った検証の方法も載ってました。

 Matzさんの連載は、Luaの話から組み込みRubyに話をもっていったと思ったら、軽量Rubyプロジェクトなどで忙しくなるのでしばらく休載、という展開。あらら。

 ほか、第2特集がnouveauの成り立ちから機能まで解説。BeagleBoardより安いLeopardBoardを使う組み込みLinux連載が新登場。障害解析連載は、Valgrindの応用編と、カーネルダンプでパケットダンプ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/833-afa20d9a

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad