本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日本Androidの会 2010年9月のイベント」に参加

 「日本Androidの会 2010年9月のイベント」に参加してきました。

 今回は「電子出版」「OracleのAndroid訴訟」「会の活動に関して」の3部構成。Androidの開発ネタがほとんどない回でしたが、興味深く聴きました。

 以下、メモ

電子出版元年(イースト下川)

  • いろいろな種類の電子書籍端末を持ち込んで展示
  • (うまくいかなかった)歴史
    • 1998年 Rocket eBook
      • B&N
      • 最初の電子ブック
      • 2003年に消えた
    • 1999 Microsoft Reader
    • 1999 Adobe eBook Reader
    • 2004 Sony LIBRIe
      • e-Ink
      • Kindleもこれをまねたとジェフ・ベソスが言ってる
    • 松下Sigma Book
  • 2009年実績で、日本での電子書籍売上は米国より多い(インプレスR&D)
    • ケータイコミック
    • 今後、PC減少、ケータイすえおき、スマートデバイス拡大、という予想
  • Kindleの衝撃
    • 最初から3Gが入っていて、インターネットアクセスを意識させない。お金もとらない
    • 自費出版可能、条件を満たせば印税70%
  • nook
    • ちょっとがっかり
      • e-INKと液晶の2画面で、液晶画面のタッチ操作。使いにくい
      • 著作権切れのコンテンツが多い
  • Sony Reader
    • UI的にはいちばんすぐれている
      • タッチできる
  • Microsoft Slate PC
    • iPadの法人利用が増えているのに危機感を持ったようだ
    • 見開きに期待
  • Android Tablet
    • Adobee Digital Editions (Reader 9) があればEPUBもPDFも読める
    • Android Marketがネック
      • 何カ所にも登録しなくてはならない
  • iPad
    • Unicodeフォント、辞書
    • カウチポテトPC
    • iPadの影響でいくつかの電子書籍プロジェクトが潰れた
  • 注目
    • Google Editions
    • どれぐらいの点数で?
  • 外字問題
    • Unicodeに移行する運動
  • EPUB
    • 縦書き対応の要求仕様を提出
  • コンテンツと容量
    • 動画や音楽に比べ、テキストは時間あたりのデータサイズが小さい
    • だからKindleは国際ローミングでモトがとれる

電子書籍ビジネスのこれまでと今後の展望について(KDDI 書籍サービスグループ 権正和博)

  • 2003年から、ケータイ向け電子書籍
  • AUの電子書籍のうち、コミックが9割
    • 利用者属性:電子書籍、着うた、ゲームとも、20代女性が突出。平均利用額も非常に高い
    • 利用率自体は大きくない
      • 未利用の理由:携帯で読むのがつらそう54.5%
  • 2009年、電子書籍に特化した携帯端末biblioを出した
    • 画面が大きい
    • 電子書籍サービスの利用率が高まった
  • 専用端末の課題
    • 利用方法:外部メモリ?
    • データフォーマット:独自規格
    • コンテンツラインアップ
    • 端末価格
  • App StoreやAndroidマーケットにコンテンツがない
    • 有名コミック
    • どうやって出していくかが課題
  • 課題
    • DRM
    • データフォーマット
    • 販売方法
    • ビジネスモデルの確立
  • これらは携帯(垂直統合モデル)では提供できていた
  • LISMOサービスのひとつとして電子書籍に力を入れている
  • Q: 今後LISMOの独自形式のDRMをやっていくのか
    • A: 方式の統一と機能のせめぎあい

「Android Hacks」著者あいさつ

  • Androidは自由

AndroidをめぐるOracleの対Google訴訟を考える(星暁雄)

  • 2010年8月12日、OracleがGoogleを提訴
    • プレスリリース、訴状「特許と著作権の侵害」
    • Oracleの論点
      • Androidはモバイルの分野でJavaと競合関係にある
      • AndroidはJavaプラットフォームの特許と著作権を侵害している
      • SunからGoogleに技術者が移っているので、知っているはず
    • 特許7件
  • 翌日、Google声明文
    • Webメディアに送付(おそらくメールで)
    • 準正式なコメント。公式な性格のあるコメントはこれだけ
    • 「OracleがGoogleとオープンソースに対して攻撃している」
  • 報道多数出るが、当事者に聞いたものはほとんどない
  • 例外:WSJ
    • 産業界が警戒している
    • オラクル広報のコメント「この訴訟はGooglに対してだけ」
  • James Goslingのブログ
    • 実は訴訟を理解するための内容はない
  • Chars Nutterのブログ
    • JRubyの開発者のひとり
    • 元Sun、今は第三者(Engine Yard)という、絶好のポジション
    • 「SunとGoogleはモバイルJavaで交渉したが、まとまらなかった」
    • 「特許の内容は、技術者から見ると笑っちゃうようなもの」
    • 「OracleにはAndroidを潰す動機はない」
  • GoogleはJavaOne不参加
    • Joshua Bloch
    • 係争関係があるのでJavaについて意見を言えない
    • 裁判による分断の悲劇
  • 星分析:狙いは「お金」
    • ビジネスマンの「競合」は「商売敵」
    • OracleはJava MEのライセンス収入を得る
      • フィーチャーホン
    • Androidからは得られない
  • Javaは互換性とライセンス(お金)に厳しい
    • 互換性テストにはお金がかかる。Apacheともモメていた
  • Android
    • Dalvk VM
    • 互換性にはJavaほどこだわらない
      • 複数機種対応は開発者ががんばる
      • 実はJavaMEもそんなもの。DOJAプロファイルとか
    • Apache Harmony
      • Sunとは独立。Apacheライセンス
    • フリーで進化が速い
  • 前例
    • 似ている:SCOのLinux訴訟
      • 論点はオープンソースの知的所有権問題
    • 似てない:Sunの対Microsoft裁判
      • 争点はライセンス契約(故意の非互換性)と独禁法だった
  • 議論の材料
    • Googleは戦うだろう
    • 「Googleとオープンソースへの攻撃」の意味
      • あいまいな特許でお金をとる、という危険性
      • 今後のオープンソース全般に禍根を残す可能性
  • 星意見
    • OracleにはAndroidを潰す理由はない
    • GoogleにはAndroidの開発をスローダウンする理由はない
  • SCOのLinux裁判は7年続いた
    • そのぐらい続く可能性がある
  • FUDに気をつけろ
    • 不安を煽る情報、意見
    • そういう意見に耳をかたむけないほうがいい
  • Q: 日本市場への影響
    • A: ほぼOracleとGoogleの間の話
  • Q: Dalvik自身を独自に改良している人への影響は
    • A: Apacheライセンスにもとづいた開発なのでOracleからの訴訟は起こらないはず。訴訟の結果Dalvikに変更命令などが出たら影響があるかもしれないが、それはそもそも問題

Android Application Award 2010(日経BP 菊池隆裕)

  • コンテスト、専門サイト、イベントの3つの連携
  • 2010春の応募
    • 過半数が個人
    • 従来の携帯に比べると、ゲーム系の比率が低い
    • 49%が30代
    • 東京、関東が多い
  • 2010冬
    • 春の課題
      • 応募作の露出度をあげたい
        • 外部のメディアとの連携
        • ソーシャルメディア
    • 多様性
      • マルチデバイス、マルチキャリア
  • スケジュール
    • 9月中旬、開催概要を発表
    • 1月上旬、応募締め切り
    • 2月、表彰式
  • 東京ゲームショウでAndroid特設ブース
    • 参加者募集
    • ただしゲーム・エンタメ系に限る

iアプリプロジェエクト(日経BP 大谷晃司)

  • iアプリアドバンスアワード(コンテスト)
  • iアプリスクエア(コミュニティサイト)
  • iアプリデベロッパーズキャンプ(ハンズオン)
  • 開発者コミュニティがない
  • 11月末にドコモマーケットiモード版
    • 課金
    • ホスティング
    • いままで個人に公開されていなかったAPIの一部公開

テスト部の紹介(宮田友美)

  • 必要性
    • SDKのバージョンや解像度
    • 開発にはテスト
    • ロジックのテスト
    • UIのテスト
  • 当分はdebの中で活動
  • テスト部員募集
  • 助けてくれる人募集

翻訳プロジェクトの紹介

  • Androidに関するドキュメントの日本語翻訳
    • SDK APIおよびSDK付属のドキュメント
  • スタッフ
    • コーディネーター1名
    • トランスレーター現在12名
    • レビューアー現在1名(コーディネーターの兼務、まずい)
  • レビューアーが圧倒的に不足
    • 急募
  • ほか募集
    • 翻訳済みドキュメントの提供者
    • 翻訳メモリの入力
    • 翻訳メモリ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/806-768bbd96

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad