本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

第103回カーネル読書会でLinux Collaboration Summitの話を聴いた

 第103回カーネル読書会に参加してきました。今回のお題は、サンフランシスコで開催されたLinux Collaboration Summitの参加報告。(なぜか)トレーサー技術関係の方々が中心にスピーカーになって話してくれました。

 あと、Cerevoの中の人が来て、ちょうど同じ日に発表された「CEREVO CAM live!」でUstream中継してくれました。

 このへんの参加報告は後で重要になるキーワードが出てくるので、とりあえずメモ。

杉田さん

  • Linux Collaboration Summitとは
    • 2010.4.14-16
    • 招待制
    • 500名
    • Googleが「FORK YOU」Tシャツを配ってた
    • Nexus Oneも全員に
  • キーノート
    • 一部はLinux Foundationがビデオで公開
    • Jim Zemlin
      • 最近の状況
      • MeeGoなど
    • IBMのVPのDan Frye
      • IBMのOSS/Linuxへの取り組み
      • 活動の歴史
    • NokiaのVPのAri Jaaksi、IntelのImad Sousou
      • MeeGo(別々にそれぞれ)
    • GoogleのChris Dibona
      • GoogleのOSSの取り組みを紹介
      • コミュニティへの歩み寄りか?
  • トレーシングセッション
    • ftrace、ftrace、kprobes、LTTng、uprobesなど、各種トレーサのメンテナが参加して発表、議論
    • Ericssonのテレコム向けシステムワイドトレース機能
    • トレースデータのフォーマットを統一しようという提案。これからMLで議論
  • 2000年前半はトレーサ苦難の時代
    • カーネル2.4
    • LKST、LTT:upstreamで不採用
    • LTTを軽量化してLTTng、採用を働きかけている
      • LTTngの要素が由来のtracepointがupstreamで採用。原形なし
    • LKSTのチームはSystemTapプロジェクトと合流。Kprobesがupstreamで採用。その流れででてきたuprobesは苦戦中
    • ftraceはupstreamで採用
    • Perf tools:採用
  • LINUXCON Japan 2010
    • 9/27-29
    • ボランティア募集中
  • (よしおか)LKSTが採用されなかった理由は、今どう思うか
    • (杉田)カーネルのいろいろな部分に影響がある大きなものを、完成してから出した。反省をふまえ、今は調整しながら完成させていくようにしている

よしおかさん

  • IBMのキーノートがすごかった
  • ツールチェーンの話
    • gcc、gdbなど
    • ptraceがイケてないのでutrace、とか、じゃLinusをどう説得するか、とか
    • gccは進化してる
      • リンク時最適化とか、プロファイルベースの最適化とか
    • gdb
      • 性能改善、C++/Pythonのサポート
  • face to faceとオンラインの両輪で話が進む

加藤(楽天)さん

  • Solarisの人が見たCollaboration Summit
  • 基調講演
    • Linux Kernel What's Next
      • カーネルメンテナーのパネルディスカッション
      • カーネル開発者の高齢化。Solarisも同じ
      • ドキュメントの整備が課題
      • wifi driver (Broadcom) がLinux標準に組み込まれていない
      • ユーザー空間とカーネル空間の両方をトレースする(DTraceのような)はないか、という質問
        • Ftrace、LTTngなど多くのプロジェクト
        • プロジェクトは統合しない、という答え。Solarisと違うアプローチ
  • Tracing Session
    • Ftrace
      • うまくできていると思った
      • ユーザーフレンドリー。変数をかえるだけでデバッグをオンオフとか
      • カーネルにデフォルトで入っている
      • オンにするとトレース情報をリングバッファに格納。APIで情報を取得
        • オーバーヘッドが少ない
      • debugfsをマウントして、命令を書き込む
      • 面倒なのでtrace-cmdツールがある
        • trace.datファイルを読み込む
        • big endianでもlittle endianでも
  • Filesystem Session
    • ATA 4KiBセクタサイズの問題
      • アラインメント
      • 2.6.32で修正済み
    • Filesystem Panel Discussion
      • 新しいデバイスへの対応(SSD、Fusion I/Oなど)
      • 巨大データの話
      • HPCCで取り扱うファイルシステム
  • Solarisの人から見て
    • 開発スピードが速く、多くのツール
    • 複数企業が貢献
    • トレーサーツールに期待
    • 資源管理がしっかりしている
      • Solarisにしかないかと誤解していた
    • チューニングパラメータがいっぱいあってチューニングしがいがあるOS
      • そこでトレーシング機能が有効

安井(楽天)さん

  • カーネルの開発者からカーネルのユーザ、ベンダまで交流する場
  • サーバー系だけじゃなくてデスクトップ系やモバイル系も
    • MeeGoのセッションに人が集まっていた
  • キーノート
    • Jim Zemlin
      • お金の使い方が変ってきている
        • ハードからサービスへ
        • そこでオープンソース
    • クラウドのパネル
      • 定義が広すぎて話が発散w
    • 「コミュニティを妨害する方法」というキーノートw
      • クローズディスカッション
      • 沈黙を守る
      • など
  • クラウド
    • 自動車のフォードはスケーラブルだから大きくなった
    • スケールする企業が大きくなる
    • プロプラはライセンスがスケールしない
    • そこでオープンソース
    • RedHatのDeltacloudプロジェクト
      • RESTでいろいろなサービスをサポート
    • jclouds
      • Deltacloudと同じような感じだがストレージに強い
  • Virtualzation
    • 13%程度のコスト削減になっている
    • OpenVZ
      • ネームスペースにIDがない
    • virtio
  • Filesystem
    • Fusion I/OやSSDに対応するファイルシステムはどれがベストか
    • 検証が必要

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/760-75921e5f

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad