本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

Ubuntu 10.04ではX.orgをどこで設定するか

X.orgがHALを使わなくなった

 ここ何バージョンかのUbuntuでは、X Window System(X.org)の入力デバイスなどの設定を、/etc/X11/xorg.confではなくてHALですることになっていました。

 が、Ubuntu 10.04のX.orgはHALを使わず、udevと直にやりとりするように変わりました。

設定をどうする?

 Ubuntu 10.04のα版とかではudevにX.orgの設定を入れるようになっていたようです(私は試してません)。

 が、それも大変なので、「Bug #546933 in xorg-server (Ubuntu): “FFE: xorg.conf.d/inputclass backport”」なんて提案があって、正式版ではxorg.conf.dというディレクトリに、1件(1デバイス?)ごとに1ファイルで設定を置くようになってます。この設定はホットプラグ対応になっていて、MatchProductディレクティブとかでデバイスに合致した奴が読み込まれるそうです。ちなみに、これはX.org 1.8からのバックポートだとか(ソースを見ると、dpatchで適用されています)。

で、どこのxorg.conf.d?

 では、そのxorg.conf.dディレクトリはどこのディレクトリの下にあるのでしょうか。さきほどのBug #546933では、「users/admins should use /etc/X11/xorg.conf.d」と書かれていたりします。また、「man Xorg」をすると、以下のような記述があります。

    /etc/X11/xorg.conf.d        Server configuration directory.
    /etc/X11/xorg.conf.d-4      Server configuration directory.
    /etc/xorg.conf.d            Server configuration directory.
    /usr/etc/xorg.conf.d        Server configuration directory.
    /usr/lib/X11/xorg.conf.d    Server configuration directory.

 と思って/etc/X11/xorg.conf.dを作って設定ファイルを置いてみたところ、どうやらほかの設定が読み込まれなくなったようで、入力が効かなくなりました。しょんぼり。recovery modeで起動していそいそとファイルを消しました。

 しょうがないのでソースをちょいと見てみると、ROOT_CONFIGDIRPATHで指定された順番でディレクトリを調べて、最初に見付かったディレクトリだけを使うようです。

 なので、結論としては、「Ubuntu Weekly Topics」のとおり、「すでに設定の置かれている/usr/lib/X11/xorg.conf.dにファイルを追加する」のがいいようです。

$ grep 'Using config directory' /var/log/Xorg.0.log
(==) Using config directory: "/usr/lib/X11/xorg.conf.d"

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/752-71431ca4

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad