本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました」

 私事ですが、会社を退職しました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
きたみ りゅうじ
日本実業出版社
売り上げランキング: 992

 で、税金とか経理とかどうしたらいいんだろうと思っていたときに、やはり最近会社を辞めた仲間から本書を教えてもらった。

 フリーランスの税金やら保険やらについて、難しいことは抜きにして、「これでいいのだ」とばかりにざっくりと説明していて、すごくわかりやすい。「ぶっちゃけ、どうするのがオトクなの?」みたいな。

 反対に、「これをやっておくべし」「税制はこのように構成されていて」的な内容はバッサリと切り落している。あとがきに当たる「閉講のおしらせ」でも「マニュアル的内容は極力含まない方針で臨みました。それらに関しては他にいくらでも本があるでしょうから」と書いてる。

 書き方も、いつものきたみ節で、もちろん各項ごとに4コママンガでポイントを押さえているのもわかりやすい。

 というわけで、右も左のわからない自分が税金関係でまず読む一冊目として最適の本で、目からウロコが落ちまくり。具体的には、こんな(↓)あたり。

  • 領収書は手書きよりレシートのほうがよい
  • 最近なら65万円控除も難しくない
  • 業種によっては国保組合がある

 さて、青色申告の申請をしなくちゃ。

コメント

この本良いですよね!
私も辞めてフリーはじめようとした時に読みました。

いいですよねー

>zenpouさん
この本いいですよねー。
紹介してくれた人に感謝しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/729-efd3de0f

税金のはらいかた:フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。作者: きたみ りゅうじ出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2005/12/08メディア: 単行本 事業所得を得て、確定申告をする場合は、必ず読むべき一冊。 そして、給与所得しかない人も、日本の税の現場を?...

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad