本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Q.E.D.」35巻、「C.M.B.」13巻

 加藤元浩氏のミステリ漫画がまたまた同時発売。あいかわらず高レベルをキープしていて、楽しんだ。

 以下、ネタバレは含まないように注意してるつもりだけど、念のためご注意を。

 「Q.E.D.」35巻は、「二人の容疑者」と「クリスマス・プレゼント」の2編を収録。「二人の容疑者」は、ビジュアル伏線にやられた。「クリスマス・プレゼント」は、ミステリー同好会をからめた学園祭ドタバタコメディーで、ラストでにっこり。

 「C.M.B.」13巻は、「夏草」「霧の山荘」「アサド」「オルゴール」の4編を収録。純粋な本格ミステリじゃないけど、いずれもアッと言わせる展開が印象的。あと、「夏草」は何か遠くを見た気分にさせ、「霧の山荘」は切ない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/714-392d5a94

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad