本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「エンジン・サマー」

エンジン・サマー (扶桑社ミステリー)
ジョン クロウリー
扶桑社
売り上げランキング: 37353
この物語にも蛇の手があるはずだ

 Engineの物語(SF)でもあり、Angelの物語(ファンタジー)でもあり、Indianの物語(寓話)でもある。現代(執筆当時の'70年代)への言及もあり、一種のメタフィクションでもある。

 そしてなにより、成長と喪失を描く、胸をしめつけられるような青春小説。

 そんな、マルチプレックスな傑作。

ぼくは聖人なんかになりたくない——それよりしあわせになりたい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/666-bdb612bc

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad