本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「4Gbpsを超えるWebサービス構築術」

4Gbpsを超えるWebサービス構築術
伊勢 幸一 池邉 智洋 栗原 由樹 山下 拓也 谷口 公一 井原 郁央
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 181

 ライブドアのインフラ技術を、中の人たちが解説する本。ライブドアはWeb系のレイヤーを上から下まで扱っていて、そのへんが本書でバランスよく解説されていると思う。しかも、実例をいろいろちりばめて、一般化しすぎないあたりで具体的に説明しているのがいい。ちなみに本書では、「Catalyst」といえば、Webアプリケーションフレームワークではなく、Cisco社のスイッチだったりする。

 本書で扱っている範囲を、だいたい上のレイヤーから並べると以下のとおり。だいたいなので、上とか下とかは適当で。

  • 携帯コンテンツ対応(文字コード、画像、絵文字、メール、固有番号、セッション管理)
  • 検索エンジン(Lucene、Orchestra)
  • アプリケーションのプロファイリング(Devel::NYTProf)
  • オブジェクトキャッシング(memcached)
  • キューイング(Gearman、TheSchwartz)
  • リバースプロキシ、HTMLキャッシング(mod_proxy、mod_proxy_balancer、Squid)
  • DBの入力バッファテーブル(Blackholeエンジン)
  • DBチューニング
  • 分散ストレージ(WebDAV、独自RESTプロトコル)
  • 監視(Cacti)
  • L2/3ネットワーク(接続形式、ルーティングプロトコル、L3スイッチ、VLAN、AS番号、IPv6)

 ちなみに、ライブドアといえばFreeBSDのイメージがあったのだけど、本書によると最近はCentOSベースなんだとか(p.253)。へー。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/660-cd9b5556

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad