本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「謹製イロイロマンガ」「帽子男」「五万節」

 上野顕太郎のマンガが版元をまたいで3冊同時発売された。もちろん買った、ヒマだからな。

謹製イロイロマンガ
謹製イロイロマンガ
posted with amazlet at 09.07.05
上野 顕太郎
ぶんか社

 「謹製イロイロマンガ」は、あちこちに掲載された未発表短編を集めたもの。自分としては、さまざまなマンガや映画などを麻雀ネタでパスティーシュした「上野麻雀」が単行本に収録されたのがうれしい。ネタ細けぇ~!

 ほか、学習雑誌に連載された「熟語漫画」など、計448ページのボリュームで満腹。

帽子男 (BEAM COMIX)
帽子男 (BEAM COMIX)
posted with amazlet at 09.07.05
上野 顕太郎
エンターブレイン
五万節 (BEAM COMIX)
五万節 (BEAM COMIX)
posted with amazlet at 09.07.05
上野 顕太郎
エンターブレイン

 「帽子男」と「五万節」は、既刊の「帽子男は眠れない」と「帽子男の子守唄」(絶版)を再構成し、その他の作品も含めて復刊したもの。

 「帽子男」は、題名のとおり帽子男シリーズだけをまとめた本。「断崖の帽子男」を見ると、修正も入ってるらしい。新作の「帽子男は二度死ぬ」編も読めて、なんつーかシリーズとして芸風変わらないすね(いい意味で)。

 「五万節」は、掲載当時に上野顕太郎の名を世に知らしめた(私のまわりでだけど)「うえけん五万節」をはじめとして、短編を掲載。こっちは多才な感じ。デビュー作「煙草撲滅委員会」と、デビュー前に新人まんが賞の特別奨励賞を受賞した「Dを訪ねた2人」も読める。審査員の山上たつひこの「ギクシャクとしたおもしろさ」という評がイイな。

コメント

「帽子男」

 ヒマだから(という訳でもないのですが)講談社版とエンターブレイン版の比較をしておる者です。この記事を参考にさせていただき、リンクを張らせていただきました。ガゼー教授レベルには達せぬつまらん重箱隅つつきですが、ご笑覧下さい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/630-60b9af5b

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad