本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Q.E.D.」33巻

つまりパラドックスは厳密な論理の中だけにあるとは限らない
人の心の中にもあるんですよ

 「パラドックスの部屋」と「推理小説家殺人事件」を収録。いずれも、証言のつじつまから真実に迫る話だった。あいかわらずレベル高いなぁ。

 「パラドックスの部屋」は、一人の男の実像を追いかける話。テイストとして、「C.M.B.」の「1億3千万人の被害者」をちょっと連想した。

 「推理小説家殺人事件」は…なんというかミステリ作家のみなさんお疲れさまです、と。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/626-628a1de5

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad