本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「アップルを創った怪物」

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝
スティーブ・ウォズニアック
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 22864

 表紙の巨漢は、山のフドウじゃなくて、ウォズことスティーブ・ウォズニアック。ウォズはじめての自伝(聞き書き)だ。

 ウォズのパブリックイメージどおりの、無邪気な天才っぷりが、子供のときから綴られていて、とても楽しい。本当にエレクトロニクスといたずらが大好きというエピソードが次から次へと語られ、そしてそれがApple I/IIに結実していくところは、わくわくしながら読んだ。

 ウォズの設計の趣味としては、回路数を減らすのが好きらしい。なにしろ、チップの入力側から微弱な信号が漏れていることを利用するとか、ソフトでいえばコードゴルフ的な工夫をするそうで、そういう技自慢もいろいろ語られているのも面白かった。

 なお、題名の「アップルを創った」は、アップル社のことではなくて、Apple I/IIのことだと思う。サブタイトルやキャッチコピーなどはアップル社のことを前に出してるけど、そういうのを期待するとはずすかも。Apple II以降はアップル社やジョブズについてはあまり触れられていないし、Macはほかの部門の話として名前だけ出てくる。かわりに、離婚や飛行機事故、フリーメーソン、USフェスティバルといったプライベートなことについても書かれている。

 ちなみに、ウォズによると、ハード屋さんは感電遊びが好きだけど、ソフト屋さんはやりたがらないんだとか。なるほど。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/598-66c87658

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad