本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

Python Code Reading 07に参加

 時間があったので、Python Code Reading 07というPythonの勉強会に初めて参加してきました。

 お題はPython 3.0。新しいio.pyや変更されたdecimal.pyのソースを読みながら、Python 3.0っぽい書き方を学びました。事前にソースをダウンロードしておいたので、該当部分を手元で見れてよかった。

 あと、懇親会のときに雑談していたのが、2.5→2.6のほうが2.6→3.0より変更が大きいように見えるということ。3.0では非互換な変更があるのが大きいはずなんだけど、まだよくわからないな、と。

 以下、たぶん自分にしかわからないメモ。


bytearray
Mutable
バッファ型

ADIF
format()
{}の中に指定子
{}自身は{{}}
format()は__format__を呼ぶ

with
Lisp系のwith-ほげほげ関数とか、Rubyのopenのブロック引数みたいな感じ?
オブジェクトのクラスで__enter__と__exit__をメソッド定義

アノテーション
->
メソッドの返す型を示す
実はパースされるだけで使われていない
単なるコメント(doctestみたいなもの)

Pythonでは__で始まる変数はmangleされる
そのままの名前で参照できない

__slots__
クラスのスロットを指定
ほかに作れなくなる
メモリを節約

正規表現
(?P<name>)
名前つきキャプチャ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/538-d2e491bd

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad