本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

Fedora 10のSELinux設定ツールで日本語が変な箇所

 LinuxディストリビューションのFedoraには、GUIからSELinuxを設定できるsystem-config-selinuxというツールが付いています。Fedora 10のsystem-config-selinuxで、「Disabled」「Permissive」「Enforcing」を切り換えるリストボックスに、日本語のおかしなところがありました。

 とりあえず、policycoreutils-2.0.57-11.fc10.src.rpm(ソース)の中からja.po(メッセージの日本語訳データのソース)を見てみます。

#: ../gui/system-config-selinux.glade:1547
msgid ""
"Disabled\n"
"Permissive\n"
"Enforcing\n"
msgstr ""
"許容\n"
"強制が\n"
"無効になりました\n"

 流し込みミスだと思いますが、こういうのって、どこに報告したらいいのでしょうか。

コメント

policycoreutils-2.0.57-14.fc10で修正されると思います。
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=474779

情報ありがとうございます。bugzillaを見ました。
こういうのもbugzillaでいいんですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/511-6f1c4e54

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad