本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「封印作品の謎」

著者:安藤 健二
出版社: 太田出版
ISBN:4872338871

 「ウルトラセブン」や「ブラックジャック」などの中で自主規制でお蔵入りになっている作品の背景を探るノンフィクション。

 著者自身が、封印に反対した経歴と加担した経歴があるためか、関係者がそれぞれ何を考えどう動いたかという部分に重きが置かれているところが読ませる。そのあたりは、第5章でアンビバレンツなまま提示されているのがかえって考えさせられる。グリフォンの「社長」の話も圧巻。

 あと、電話で「版権についてどうお考えですか」と聞かれた話は笑った。だって、その前でさんざん背景を説明してるし。さすが元新聞記者。

封印作品の謎
封印作品の謎
posted with amazlet on 06.05.06
安藤 健二
太田出版 (2004/09)
売り上げランキング: 9,828

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/49-45b1adef

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad