本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Q.E.D.」31巻



 へー、テレビドラマ化かぁ。

 それはともかく、推理マンガの最高峰「Q.E.D.」の最新刊。「眼の中の悪魔」と「約束」の2編を収録。今回は、Whodunnit(犯人)やHowdunnit(手口)が弱めで、塔馬君の行動を含めたWhydunnit(動機じゃなくて、それも含めてなぜそういう状況になったかのロジック)が中心になっていると思う。

 「眼の中の悪魔」は、若手研究者の資料が消えた事件を追うエピソード。推理のロジックもあるけど、どちらかというと科学者と倫理を描いている作品。

 「約束」は、冬山での約束と殺人事件の関連を探るエピソード。約束シーンのアレと、繰り返される「絶対できん」が、こう結びついたかとびっくり。ラストは切ない感じ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/468-5ee1c0cd

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad