本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「極道めし」3巻



 同じパターンのくりかえしとはいえ、改めて夢中で読んだ。

 設定は、刑務所に収監された受刑者が、互いのメシ体験を順番に語り合い、聞き手にゴクリとさせた者が勝ちという、百物語っぽいよくある話。それぞれの話から、苦労したショボい人生が透けて見えるという、演歌的ながら、むしろ落語的なものを感じさせる話芸がいい。

 今回は第3弾として、317号室編に突入。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/441-6bc2e59e

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad