本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「C.M.B.」8巻

「貝がらを自分で拾う人」「貝がらがあることを教えてもらう人」「貝がらを見ない人」の3人がいたら…
その3人はみんな必ず こう言う
「海岸に貝がらがあることは知っている」って

 「Q.E.D.」の姉妹編で、博物学ネタのマンガ。最近はミステリー要素が増えてきているけど、より人情話のほうに比重があるように思う。

 「1億3千万人の被害者」は、復讐のために1億3千万人の被害者を出すという犯罪予告の話。論理と叙述の罠が何重にもはりめぐらされている。テーマがわりとシリアスなのだけど、トリックと不可分なのでここでは略(ヒント:アイヒマン実験)。

 「メテオライト」は、カザフスタン領のロシア宇宙センターに落ちた隕石の話。単純だけどうまいトリック。

 「櫛野村奇譚」は、ホラーっぽいファンタジー。論理を追っていくと謎が増えるのだけど、最後でつじつまが合う(ミステリー的にではないけど)。そういう意味で、「ちょっとぐらいの矛盾なんて味じゃん」にクスッと笑った。

 「牡山羊の像」は、倒叙ものと思いきや、伏線がいろいろキマっている。ちなみに、冒頭の引用は、この作品から。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/407-e91ef201

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad