本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

Fedora 9 Preview版でSCIM/Anthyがインストールされない

 LinuxディストリビューションのFedoraが、今月新バージョンのFedora 9というのを出す予定になっている。Alpha版のころからちょろちょろ試していて、先月Prevew版というのが出たのでインストールしてみた。

 …あのー、日本語GUI環境をインストールしたのに、「半角/全角」とか「Alt」+「半角/全角」とか押しても日本語入力できないんですけど。そもそも、SCIMとかAnthyとかそいういうのが入ってなくないですか?

$ rpm -qa | grep -i scim
$ rpm -qa | grep -i anthy
$ 

追記2008-5-4:

 インストールDVDを調べてみた。Fedora-9-Preview-comps.xmlファイル(インストールするパッケージとグループの定義)から、Japanese Supportグループ中のscim-lang-japaneseメタパッケージの定義を見てみる。

      <packagereq type="conditional" requires="scim-lang-japanese">xorg-x11-server-Xorg</packagereq>

 …それ依存関係が逆ですから。マジかんべんしてください。

追記2008-5-14:

 bugzillaにレポートして「rawhideでは直ってるよ」と言われたので安心してたのだけど、リリース版ではそのままだった…

 で2chを見たら、自分の今の心境を的確に予測してる人がいたよ。そのころは、こんなことになってるとは知らなかったのだけど。

オーナーはトサカに来てreopenするだろうが手遅れだな
Previewの段階で報告しても遅いって事か

 いや、Preview版以降のバグなんだけど…

 ちなみに、インストールするには「yum install scim-lang-japanese」でいいと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/387-c74b0a9c

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad