本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「プログラミングGauche」

プログラミングGauche
プログラミングGauche
posted with amazlet on 08.03.24
Kahuaプロジェクト 川合 史朗
オライリージャパン (2008/03/14)
売り上げランキング: 2522

 Lispの一種であるScheme言語の処理系「Gauche」の解説書。巻頭から順に読んで、とてもわくわくしながら読み進み、電車の中や介護の合間を使って一気に通読した。

 Lisp初学者のための入門書ではなく、網羅的なリファレンスでもなく、学術書でもなく、まさにPractical SchemeであるGaucheを使ってプログラミングする方法についての手引きになっている。最初からgoshとEmacsを組み合わせた開発環境の説明をみっちりやっているし。文法要素をサンプルを作りながら説明していくうちに、説明した各サンプルが継続渡しによるWebアプリケーションに集結するところはちょっとした感動ものだった。

 とにかく、本書は頭から順に尻尾まで通読するのがおすすめで、拾い読みはおすすめしない。p.153でさらっと書いたfact手続きが、p.318で説明なしに言及されていたりするし。

 ちなみに、本書では末尾else節での再帰も「末尾再帰」と呼んでいるようだ。

 以下、自分のための私家版正誤表(初版第1刷)。校正のために読んだわけではないので、気になったところだけ。

場所 注記
p.64 Churchの学生だったので Churchの学生だったので
p.121 (set! p 3) (set! (car p) 3)
p.243 (define <inherited-list> (<list>) ()) (define-class <inherited-list> (<list>) ())
p.273 代表れる 代表れる
p.273 名前が衝突しないを作り出す 名前が衝突しない変数を作り出す
p.287 breader/cc breaker/cc
p.309 *load-path*追加する *load-path*追加する
p.311 以下に分割された 図20-1のように分割された か?
p.355 Gaucheは~をサポートしています Gaucheは~をサポートしています
p.362 sudoがそのログイン名のパスワードを要求します sudoが現在のログイン名のパスワードを要求します 未確認だけどsudoの動作からすると
p.384 (print "Content-Type: text/plain\n\nHello, Gauche!\n") (print "Content-Type: text/plain\r\n\r\nHello, Gauche!\n") RFC2616的には
p.417 それら得る それら得る
p.441 (kahua-spvr -S $HOME/work/site -H 8088 >/dev/null 2>&1 &) kahua-spvr 0S $HOME/work/site -H 8088 >/dev/null 2>&1 & 括弧があっても間違いではないが
p.441 (kahua-spvr -S $HOME/work/site -H 8088 >& /dev/null &) kahua-spvr -S $HOME/work/site -H 8088 >& /dev/null & 同上
p.460 (A.4の最初のリストで、最後以外のコメント部分も太字(入力扱い)になっている) (太字を解除)
p.463 make uninstall sudo make uninstall 未確認だけど、p.459ではsudo make installとあるので
p.476 /home/bizenn /home/johndoe p.475と矛盾

 表記のゆれ。

呼び出し 呼びだし(例:p.253)
分かる(例:p.92) 分る(例:p.332)
書ける かける(例:p.358)

修正2008-03-24:「再起」→「再帰」

コメント

正誤表ありがとうございます。
http://karetta.jp/book-cover/programming-gauche#H-10urtq8
初版第2刷には間に合わなかったので、初版第2刷の正誤表に反映させていただきました。

正誤表が各所に分散すると追うのが大変なので、もし新たな誤りを発見された場合は以下に書き込んでいただけると助かります。
http://tudura.kahua.org/view/006056

「つづら」への参加方法は以下に書きました。
http://karetta.jp/book-cover/programming-gauche#H-apzeol

えんどうさん、お手数をおかけしました。反映していただいて光栄です。以後、気づいたことがあったら「つづら」に書かせていただきます。

さっそくの増刷、おめでとうございます。上の本文に書いたように、夢中になれる本をありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/376-16eac068

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad