本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「墨攻」

 中国の戦国時代を舞台に、流浪の軍事コンサルタント(墨家)が、小国を大国の攻撃から守ろうとする物語。漫画や映画になって、気になっていたのだけど、ようやく読んだ。

 これは面白い。中国の歴史物語の1エピソード風に、シミュレーションウォーゲームを語る試みというか。主人公を、血も涙もない、でも職人かたぎのテクノクラートにしたところも、味を出している。

 漫画や映画では、また違う話にしているようで、そっちも見てみるか。

墨攻 (新潮文庫)
墨攻 (新潮文庫)
posted with amazlet on 07.09.25
酒見 賢一
新潮社 (1994/06)
売り上げランキング: 9445

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/296-1c903a14

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad