本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「私家版魚類図譜」

 「私家版鳥類図譜」に続き、今度は魚を軸にしたオムニバス短編集。

 人魚の悲恋を描いた深海魚ネタ、古代史ネタ、破滅後の近未来ネタなど、「鳥類」同様さまざまな角度から物語をつむいでくれて、満足。

 が、さまざまに飛んで行く鳥類に対して、魚類だと不安とか悩みとかそっちのほうにイメージが進んでいくなと思った。あと、「へんないきもの」の影響は(昇華されているけど)あるなと思った。

 そうそう、サラリーマンとしては、「奇妙な味の短篇」系の「魚の夢を見る男」が最も印象に残った。

私家版魚類図譜
私家版魚類図譜
posted with amazlet on 07.05.30
諸星 大二郎
講談社 (2007/03/23)
売り上げランキング: 685

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/231-53488adf

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad