本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「一生モノの人脈力」

 ブログめぐり中に、外資系企業のすごい方(その1その2)が「真似できない」という意味の感想を書いていたので、気になって読んでみた。

 基本的には、貧しい家庭に生まれ育った自分がいかに成り上がったか、という話。だけど、精神論とか苦労話とかのウェットな部分を抜きにして「人脈がすべて!」という線で展開していくのがアメリカ~ンな感じだった。

 人脈術としては、こんな(↓)ところが印象に残った。

  • 人生の目標をさだめ、そのために必要な人たちに積極的にコンタクトしていく
  • 人脈作りのためのリストマニアになり、用途別に整理しておく
  • 懇親パーティの前には、事前に主催者にネゴして参加者リストを入手し、それぞれのバックグラウンドを調査して臨む
  • 名刺交換した日は、誰よりも早くフォローの連絡を入れる
  • ビル・クリントンは、学生時代から政治家を志し、パーティで会った人はその場でメモしていた
  • 連絡を絶やさないように、定期的に連絡をとる

 参考になるという部分もあれど、やはりそれ以上に狩猟民族的な人脈術にアテられたというのが、日本の一般サラリーマン私の感想だ。さらに、これらの項目に並行して、「誠意が重要」といった精神論を訴えるのが、むしろトップビジネスマンの恐いところだと思った。

 そんなこんなを総合した意味で、とても面白かった。

一生モノの人脈力
一生モノの人脈力
posted with amazlet on 07.05.06
キース・フェラッジ タール・ラズ 森田由美
ランダムハウス講談社 (2006/07/20)
売り上げランキング: 8536

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/222-be62746e

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad