本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「タイアップの歌謡史」

「東京音頭」をはじめとして、レコード産業が始まった20世紀初頭からの、(広義の)歌謡曲と広告主との歴史を語る本。はからずも、20世紀歌謡曲歴史をほぼそのまま映していて、拾い物の一冊。
「音楽業界とスポンサーが結託していてけしからん」とかいう観念的な語り口ではなくて、TV業界、広告業界、音楽業界、ラジオ業界といったそれぞれの力関係の移り変わりが中心に論じられている。軸となるのは、原盤権。
吉田拓郎がTV出演拒否したのはラジオ側の人だったからで、矢沢永吉がTV出演拒否したのは広告側の人だったから、という指摘も面白い。

タイアップの歌謡史
タイアップの歌謡史
posted with amazlet on 07.02.13
速水 健朗
洋泉社
売り上げランキング: 7284

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/202-3aeec596

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad