本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「海賊の掟」

 2005年にマラッカ海峡で起きた韋駄天号事件を皮切りに、現代の海賊から歴史上の海賊まで解説する本。一気に読ませる。

 1章が現代の東南アジアの海賊、2章が大航海時代のヨーロッパの海賊、3章が水軍とか倭寇とかの日本の海賊を取り上げている。

 筆者の仕事がら、1章がメインと思うし、当事者に取材した話とか面白い。ただ、それだではなく2章や3章にもけっこう力を入れているところに、著者の海賊に対するアンビバレンツな思いを感じた。

海賊の掟
海賊の掟
posted with amazlet on 06.11.12
山田 吉彦
新潮社
売り上げランキング: 10707

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/160-6025e4a7

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad