FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「明智光秀放浪記」

明智光秀放浪記 (ヤングアニマルコミックス)
重野なおき
白泉社 (2019-12-26)
売り上げランキング: 2,093

 マンガ「信長の忍び」のスピンオフで、明智光秀がだいたい信長に仕えるまでの物語。「軍師 黒田官兵衛伝」ではすでに本能寺の変が描かれ、「信長の忍び」では謀反に向かう底流として家族や家臣が路頭に迷うことへの光秀の恐怖が描かれている。そうした源流として本書は、家族思いで家臣思いの面を中心にしたストーリーとなっている。

 しかし、本書と直接関係ないけど、光秀の前半生は謎が多く、しかも本能寺の変は諸説が百出しているので、大河ドラマ「麒麟がくる」は大変だろうなあ。どう描いても「(私の中の)本当と違う!」と言う人がいそう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1508-10ba8b30

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly