FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「大江戸ミッション・インポッシブル 顔役を消せ」「大江戸ミッション・インポッシブル 幽霊船を奪え」

大江戸ミッション・インポッシブル 顔役を消せ (講談社文庫)
山田 正紀
講談社 (2019-11-14)
売り上げランキング: 123,506
大江戸ミッション・インポッシブル 幽霊船を奪え (講談社文庫)
山田 正紀
講談社 (2019-12-13)
売り上げランキング: 134,007

 山田正紀氏はメジャーデビュー作「神狩り」の頃から、「謎の提示がうまい」「登場するキャラがみな立ってる」「その2つをもとにどんどんストーリーが転がっていく」「ただし風呂敷は畳まない」という特徴があると思う。このへんは好き嫌いの分かれるところで、私は好きだけど。

 エンターテイメント時代劇小説の本作(2冊で完結)もそんな感じで、江戸の闇を統べる川衆と陸衆の争いを中心に、個性的な登場人物が登場するのが特徴だ。「顔役を消せ」のほうは題名どおりミッションもの展開になるんだけど、「幽霊船を奪え」のほうはまあ幽霊船があまり重要じゃないなあとか。

 必殺シリーズとか「サイコ」とか過去の有名作品のオマージュがいろいろ。“かま”の笑い方と飄々として謎めいたキャラは、ちょっと「まほろ」の行天っぽい。だいぶ剣呑だけど。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1507-cbb23634

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly