FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Q.E.D. iff」14巻、「C.M.B.」42巻

 同じ作者による人気ミステリーコミックの最新刊が、今回も2冊同時発売された。以下、ネタバレに気をつけているつもりだけど、未読の方は念のためご注意を。

Q.E.D.iff -証明終了-(14) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 (2019-10-17)
売り上げランキング: 519

 「Q.E.D. iff」14巻は「1億円と旅する男」と「メモリ」の2編を収録している。

 「1億円と旅する男」がすごかった。記憶喪失で現金1億を持った、妻に先立たれて一人きりになって自分のことがまったくわからない老人の謎をたどる話。手がかりになる人名や、そこからわかった事件の情報から、男の過去を探っていく。

 シリーズのかつての「春の小川」をちょっと連想させる発端なんだけど、数奇な人生をたどるうちに、韓国クライムサスペンス映画のようなダークな展開を迎える。いやー、怖いわー。シリーズの「巡礼」にも、題名が似た「押絵と旅する男」にも通じるものを感じた。

 ちなみに「捕まえたもん勝ち!」のキックがちょっとだけゲスト出演している。

 もう一方の「メモリ」は、量子通信に関する新発見資料を巡る、米ソ中の三つ巴のドタバタ対決の話。で、燈馬君のMIT時代の友人シリーズでもあり、最後はちょっとほろ苦い感じ。こういう話だとロキが出てくるかなと思ったけど、ちょっとだけだった(というのはネタバレ?)

 ちなみに、初期のほうから登場している内閣情報調査室の梨田さんがゲスト出演している。

C.M.B.森羅博物館の事件目録(42) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 (2019-10-17)
売り上げランキング: 578

 「C.M.B.」42巻は、「月下美人」「ジャガーの森」「死体がない!」の3編を収録している。

 中でも、まんなかの「ジャガーの森」が、前後編からなる大きめのエピソードだった。大農場主の娘を中心に、その父母や、母の弟で元警察の対ギャング特殊部隊の叔父さんがいるところで、地元の麻薬ギャングが殺されて、事件が連鎖していく。土地のシャーマンの謎の予言がさらに謎を呼ぶんだけど、最終的にはそれらのピースが1つのパズルにはまっていくのが面白い。博物ネタは、南米の生態系や、民間信仰のカンドンブレ。

 「死体がない!」は、豪邸から男が血まみれの包丁を持って出てきて警察に確保されるが、その家を調べても死体が見つからないという発端から始まる話。で、ベトナム人留学生の監禁強制労働や失踪の問題もからみ、何が起きたのかそのものが謎となる。そして最後の解決編でニヤリ。博物ネタは、ハスの花。

 「月下美人」は、都会に出ていまひとつパッとしてない青年が地元にもどって起こる、わりとストレートな人情話。博物ネタは、題名どおりの月下美人。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1503-21c8af15

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly