本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「まっとうな経済学」

 「ヤバい経済学」風の書名と表紙。そして、「ヤバい経済学」の著者の片方が推薦しているオビ。
 という要素を見ると「ヤバい経済学」の二番煎じ本っぽい。が、中身の方向性はぜんぜん違った。
 本書では第3章をまるまる割いているように、市場原理のモデルが前提にあり、それを解説しているという意味でオーソドックスな経済学のモデルの一般向け解説書だと思う。
 そして希少性や情報の欠落、外部性などの「市場の失敗」を解説。ほか、「美人投票」問題やゲーム理論、中国の成長、グローバリムなどを章ごとに解説している。

まっとうな経済学
まっとうな経済学
posted with amazlet on 06.11.05
ティム・ハーフォード 遠藤 真美
ランダムハウス講談社

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/150-8edbd8f6

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad