FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「ルポ 人は科学が苦手」

 主に米国の、進化論や地球温暖化、ワクチン摂取、地球が球体であることなどを否定する層のような、反科学的な動きについて探った本。実際のさまざまな事象を取材して紹介しているところが面白い。ひいては科学から離れて、トランプ現象についても、支持者を取材して取り上げている。

 そして科学不信につい「知識がないから」という結論を否定し、そもそも人が理性的に判断するというのは幻想だとしているのが印象的だ。

 そうした内容を受けて、最後の第4章では科学の伝え方=科学コミュニケーションを論じる。「コスモス」のカール・セーガンがTVで人気になったために学会で冷たく扱われた「セーガン効果」など、科学コミュニケーションにネガティブな科学者側の状況も紹介。福音派かつ科学者である背景をいかして科学コミュニケーションで活動する教授や、共和党内で地球温暖化問題を伝えようとする元議員、天気キャスター、俳優のアラン・アルダなどの活動がレポートされていて面白い。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1498-e83c9591

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly