FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「信長の原理」

信長の原理
信長の原理
posted with amazlet at 19.09.15
垣根 涼介
KADOKAWA (2018-08-31)
売り上げランキング: 41,712

 少年時代の織田信長が蟻の行動を見て働きアリの法則(≒パレートの法則)を独自に発見し、以後それに則って行動するという時代小説。「光秀の原理」の、法則性をつきつめて実験しないと気がすまない信長と同一人物だと思う。

 働きアリの法則うんぬんはあくまでも信長の行動原理で、ストーリーそのものになっているわけではない。ただ、信長の部下に対する厚情と、落ち目の部下に対する薄情とを物語内で説得力を持たせていると思った。あと、蟻の場合は8割は単にサボっているのではなく緊急時の予備だという話を聞いたことがあるけど、そのため常に緊急時を作ろうとする信長の苛烈さにもつながる。

 とはいえ、小説として面白かったというのを前提にして言うと、帯でほのめかしているような裏切りにつなげるのはちょっと苦しいかなと思った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1497-ba96c8ca

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly