FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「ホワット・イフ?」

 サブタイトルにもなっている「野球のボールを光速で投げたらどうなるか」など、バカげた質問に科学的に答える本。xkcdの1コーナーの書籍化で、2015年に日本語版が出たときに話題になったけど、たまたま最近読んだ。

 xkcdの作者が、物理学畑出身で元NASAというバックグラウンドで回答する。例の棒人形マンガも出てくる。ふざけた口調でも、堅苦しい口調でも、わざと堅苦しい感じにふざけた口調でもなくて、気さくでナチュラルながらユーモアをまじえた口調で回答している。

 たとえば上記の「野球のボールを光速で投げたらどうなるか」の場合。ボールの前で核融合が起こり続け、バッターのところにはプラズマ雲が先に到達し、かつてバックネットがあったところより数十メートルから100メートルほどの地点を中心とする巨大なクレーターとなる。

 「地球にいる人間全員が一斉にレーザー・ポインターを月に向けたら、月の色は変わるか」という質問の答はノー。なんだけど、どこまでやれば月の色が変わるかエスカレートし、メガワットレーザーを並べて5ペタワットの電力で照射。最後には出力500テラワットのレーザーを照射し続けて月も地球も消滅させてしまう。

 「海から水を抜く」は海底の地形を知るのに面白い。海底に排水口ができたものとして、海面が50m下がったとき、100m下がったとき、200m下がったとき……と、どんどん下がってくる。日本列島はロシアと朝鮮半島につながり、カリブ海とメキシコ湾は大西洋から切り離され、3km下がると中央海嶺の先端が現れてくる。そしてパート2では、そのぶんの水が火星に流れ込んだ場合の地形の変化が解説される。

 「DNAがなくなったら」は、本題の考察のかたわら、実際に細胞がDNAの指示に従うプロセスを妨害する「死の天使」キノコなんて怖い話が出てくる。

 疑問そのものより、その疑問を実現することが問題になるものもある。「元素周期表を現物で作る」では、毒が発生するものから、隣りの元素との組み合わせで燃え上がるもの、放射性のものなど、どんどんえらいことになっていく。

 「地球にいるすべての人間ができる限りくっつきあって立ってジャンプし、全員同時に地面に降りたら、どんなことが起こりますか?」という質問では、それ自体は大した影響はないけど、地球にいるすべての人間が集まったことによる影響が……

 ちなみに、「半分空のコップを見て、楽天家は半分水があると思い、悲観論者は半分しか水が入っていないと思い、エンジニアはコップが必要な大きさの2倍だと思う」というジョークは気に入った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1446-09e9fd5f

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad