本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「英国一家、日本をおかわり」

 アニメにもなった「英国一家、日本を食べる」のマイケル・ブース一家が、10年たって再び日本に。子供2人もミドルティーンとローティーンになった。まあマイケル本人はその間もTV番組で日本に来てたけど。

 今回は、沖縄から北海道まで南西から北東にくまなく回り(ただし複数回かけて)、その土地ごとの食べものを探求していく。著者は日本の伝統的な食や自然を求めているようで、テロワールも意識している。

 で、求道的な料理人や製造者などを中心に訪ねていく。鹿児島の焼酎酒造、有田焼の工房、静岡の茶園、新潟の酒造と麹メーカー、福島の米農家、函館のウニ漁など。

 そのぶん、画一的な現代のものや、あまりに観光地化されたものは否定的らしい。日本を愛しつつも、いろいろな辛辣なことを書いている。日本のカレーライスなど、ユーモアをまじえつつも、かなりの辛口評価だ(カレーだけに)。

 ちなみに、著者がイザベラ・バードについて「全般に尊大で不快にも感じる」とコメントしているのは、意外に思った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1443-4bd61d7d

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad