FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「福家警部補の挨拶」

 大倉崇裕さんの名前は「刑事コロンボ」マニアのミステリー作家として認識していたが、失礼ながら作品を読んだことはなかった。また、檀れいさん主演の刑事ドラマのことを聞いたことはあったが、これも失礼ながら見たことはなかった。

 で、たまたま本書を読んで、両者が結びついた。

 本書は、短編ミステリーの福家警部補シリーズの第1集で、4編を収録している。

 それにしても見事なまでに刑事コロンボだった(一部ブラウン神父)。犯人の犯行シーンから始まり、その犯罪を刑事が追求して暴く倒叙型ミステリー。地位のある犯人と、地味で髪がぼさぼさな刑事の対決。刑事の目のつけどころの鋭さと、親しみもてる様子で食らいついてくる聞き込み。意外なところが伏線となって意味をもってくるところ。犯行編でも明らかにされなかった意味づけや動機が捜査にともなって少しずつわかってくるところ。結末では潔い犯人。

 「刑事コロンボ」のドラマだけでなく、ノベライズ版も意識してるなとも思った。ほかの人の考えていることは説明されるのに、主人公の刑事はひたすら行動や言葉だけしかわからず、何を考えているのかが明かされないところとか。そうそう、1場面だけ登場する聴き込み相手などが、意外と印象的に描かれるところも「刑事コロンボ」っぽい。

 あと、やはり名作の誉れ高い「別れのワイン」を意識してるんだなと、本書の複数の短編から思った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1434-67900164

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad