FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「食は「県民性」では語れない」

 日経新聞のWebサイトで、「天ぷらにソースをかけますか?」といった食の地域性を読者アンケートと取材によって調べていた企画を担当した人による本。たとえば、薬味が白ネギか青ネギかというのは箱根が境になるとか。

 読んで興味深かったのが、「関西=うどん、関東=そば」というイメージだ。著者は、この東西の違いを、麺ではなくつゆに求める。そして、そばやうどんの食べ方が現在に近い形になったのが江戸時代であること、醤油が普及したのも江戸時代であること、そうした文化が関西から関東に伝わったこと、関西と関東の水質と利尻昆布・日高昆布との相性、濃口醤油・薄口醤油とかつおだしとの相性などの要素をひもとく。

 細かいネタでは、名古屋の手羽先のルーツは北九州市門司区だとか。雑煮の角餅と丸餅は魚津-金沢-琵琶湖東岸-紀伊半島四日市近くというラインで分かれて、境界線の地域のスーパーでは両方が売られているとか。

 ちなみに、書名は、県ではなくもっと細かい単位で地域性が異なるという意味のようだ。たとえば山形の芋煮は、旧山形藩、米沢藩、庄内藩とほぼ同じ境界で異なるという。また、佐賀県は、玄界灘側の旧唐津藩と有明海側の佐賀県で食文化が異なるという。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1433-b13afbaa

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad