FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

cpdfがpdftk代替として高機能だけど自分の用途には使えなかった

 PDFから一部のページを抜き出したり、反対に複数のPDFを1本にまとめたりするのに、コマンドラインツールのpdftkを便利に使っています。

 ただ、pdftkがGCJ(GNU Compiler for Java)で作られていて、そのGCJがメンテナンス終了になっていたりという状況です。最近のCentOSやmacOSでは、動かなかったり、動かすのに苦労したりするようです。

 調べてみると、cpdf(Coherent PDF)というツールがpdftkのようなことができて、高機能なようです。そこで、試してみました。

 先に結論をいうと、タイトルのとおりです。

ライセンス

 「自分の用途には使えなかった」理由は、ライセンスです。cpdfは、無料で使えてソースも公開されていますが、フリーソフトウェアではありません。アカデミック目的での利用や、個人でのお試しはOKですが、仕事目的で使うのはNGとされています

 機能はよかったんですけどね。

インストール

 cpdf-binariesリポジトリに、Linux用(64bit、32bit)、macOS用、Windows用のバイナリが用意されています。ダウンロードして実行権を付け、実行パス中のディレクトリに置くだけです。

 依存ライブラリは少ないようですね。

$ ldd ~/bin/cpdf
        linux-vdso.so.1 =>  (0x00007ffe523db000)
        libm.so.6 => /lib/x86_64-linux-gnu/libm.so.6 (0x00007f3f83be9000)
        libdl.so.2 => /lib/x86_64-linux-gnu/libdl.so.2 (0x00007f3f839e5000)
        libc.so.6 => /lib/x86_64-linux-gnu/libc.so.6 (0x00007f3f8361b000)
        /lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x00007f3f83ef2000)

 そのほか、OCamlのopamでビルドしてインストールする方法もあるようです。

使い方

 PDFファイルの結合はこんな感じ。

$ cpdf a.pdf b.pdf -o out.pdf

 一部のページを抜き出すにはこんな感じ。

$ cpdf a.pdf 1-5,8 -o out.pdf

 ページ指定にendとかoddとかevenとかallとか使えるのはpdftkっぽいですね。

 ページの回転も指定できます。

$ cpdf a.pdf -rotateby 90 -o out.pdf

 PDFファイルの情報を表示する機能もあります。

$ cpdf -info a.pdf

 使われているフォントも調べられます。

$ cpdf -list-fonts a.pdf

 そのほかにも、ページサイズ操作とか暗号化とか、さまざまな機能があるようです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1422-0ff6f0b9

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad