本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Q.E.D. iff」9巻、「C.M.B.」37巻

 人気ミステリーコミックシリーズの最新刊が、今回も2冊同時発売された。以下、ネタバレに気をつけているつもりだけど、未読の方は念のためご注意を。

 「Q.E.D. iff」は、「陰火」と「美しい絵」の2編を収録。どちらも、一見犯罪の不可能そうな状況でアリバイトリックを崩す話だった。

 「陰火」は、かつての殺人事件現場を訪れたオカルト番組スタッフに起きた事件の話だ。事件と以前の事件との因縁を探ると、実はそっちの因縁ではなくこっちの因縁で……というところがヒネられていた。

 「美しい絵」は、英国貴族に貸した金を回収したマフィアが殺された事件のトリックを、定年退職直前の老刑事と塔馬君が追う話。普通なら無理のあるトリックも英国貴族の館なら、というのがミソ。

 「C.M.B.」は、「クロスロード」「シュロのコイン」「鉱区A-11」「猫のシッポ」の4編を収録。

 いちばんインパクトのあった「鉱区A-11」を最初に取り上げておくと、いきなり2075年設定のSFミステリーだった。一人とロボットしかいない小惑星で死んだ作業員の謎を、“宇宙工学博士 榊森羅”と“航空宇宙監視官 七瀬立樹”が探る。この二人、初めて会ったらしい(笑)。内容は、ロボット三原則を前提に、「嘘は言わないが、すべてを言っているとは言ってない」ロボットの証言から真相を探るという、アシモフのロボットミステリーっぽい話だった。

 「クロスロード」は、毎度おなじみ同級生もの。美術部のパッとしなかった男の子が上達したころから、学校に不思議な事件が起こるという話で、状況そのものがミステリーという展開が面白かった。博物ネタは、ロバート・ジョンソンのクロスロード伝説に関係する、古今東西の十字路伝説。

 「シュロのコイン」は、紛争地帯を生き延びた村の謎を追うマウに、森羅君が巻き込まれる。博物ネタは、シュロにまつわる言いつたえ。

 「猫のシッポ」は、地方都市に退屈した小学生たちが宝探しに出る話。ブラタモリっぽい地形の由来から、言い伝えの場所を探す、爽やかな話だった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1421-9bbee515

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad