本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる」

ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる (ShoPro books)
野村 達雄
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 8,118

 ポケモンGOを開発した野村達雄さんの自伝。自伝というと成功した経営者とかが書くことが多いけど、31才のソフトウェア技術者の自伝が青少年向けに出るというのはいいことだと思う。

 とにかく、頭(地頭)がいい人だなあと思った。Googleにはこんな頭のいい人がいっぱいいるんだろうなあ。凡人から見た雑な表現だけど。

 中国残留孤児2世として9歳で日本に移住し、貧しいながら友達の家に入りびたってゲーム三昧。小学生の頃からアルバイトしてPCや開発ソフトを買い、まったくの独学でプログラミングを学ぶ。

 大学に進学して体系的にコンピュータサイエンスを学ぶと、まるでスポンジのように吸収していく。で、研究のかたわらファミコンエミュレーターをソフトで作り、しまいにはハードまで作っちゃうというのがすごい。あと、フィックスターズのHack the Cellでも受賞していたとか。

 そんな感じでどんどんスキルアップしていく様子が書かれている。万事において、その成長力と、たぶん本人的にはそれをわりと普通っぽくこなしている感じ(いや努力はしてると思うけど)がすごいなあと思った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1391-3892c793

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad