本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2016年6月号

 1年ぐらい前の号だけど、メモとして。

 特集1は「Linuxお役立ちグッズ111」で、周辺機器や本体などのハードをLinuxから活用する話。さらに、途中にいくつかLinux関係なくPC便利グッズを見開きで紹介するコラム「Linuxお手軽便利グッズ」が入っていて、「日経トレンディ」などでいろいろな製品を紹介するような感じ。特集本体は、「プリンター/スキャナー編」「入力機器編」「Wi-Fi編」「オーディオ編」「映像機器編「ロボット編」「スティックPC編」「ボードPC編」からなる。

 特集2が、この頃に出回るようになったRaspberry Pi 3について。Part 1が、写真こみで変わった点や性能比較を紹介。Part 2は、Raspberry Pi 3で始める電子工作入門で、Frizingで回路図と配線図を作る。Part 3は、I2S接続でサンプリングレート384kHzの超ハイレゾ音楽を再生する。

 特集3が「トラブル脱出の最短手段」。「緊急回避編」が、この号に付いてきたDVDからレスキュー用OSを起動して、「起動しない」「Linuxを入れたらWindowsが起動しない」「ファイルを消してしまった」「HDDを丸ごとバックアップしたい」「メモリー診断」などを実行する方法を解説。「自力対策編」は、通常のLinuxコマンドから、ファイルを消せない、キーボード入力がおかしい」「zipから展開したファイル名が文字化け」といったトラブルに対応する。「予防編」は、事前に予防するために、aliasで誤操作を予防した、ログをローテートしたり、sudoを制限したり、パーティションテーブルを保存したりする。

 まつもとゆきひろ氏の「作りながら学ぶプログラミング言語」が、時刻データの内部表現やそこで考えるべきタイムゾーンやサマータイムなどについて。最後に書籍「APIデザインケーススタディ」を紹介。

 中井悦司氏のLinuxサーバーの基本原理連載が、高度なネットワーク設定で、仮想ブリッジやVLAN、チーミングをNetworkManager(nmcli)などで設定する。

 Linuxステップアップ講座連載がgitで、gitの基礎や、GUIツールGiggle、VCSで/etcを管理するetckeeperについて。LibreOfficeお役立ち機能連載が、LibreOffice Calcでピボットテーブルによりデータを集計する方法。LPIC連載が、シェルとコマンドの基礎。PCリノベーション連載が、2010年のNEC Express 5800ワークステーションのケースを交換してUbuntu Studioをインストールし、NVIDIAのドライバーを入れ、Blenderで3Dモデリングする。カーネル新機能連載が、tickの処理を軽減するフルDynticksモード。世界のディストロ連載が、UbuntuベースでChrome OS風GUIのCub Linux。

 Raspberry Piロボット連載は、Juliusにより音声でロボットを制御。Raspberry PiのPythonプログラミング連載は、Open JTalkによる音声合成と、それを電子工作のスイッチで制御し、LEDを光らす方法。

 巻頭レポートが、Ubuntu 16.04 LTS正式版と各種フレーバー、Bash on Ubuntu on Windows登場(このとき初登場)、ZFS on Linux、Atomic Game EngineのOSS化。フリーソフト連載が、nmapのGUIフロントエンドのzenmap。美女Linux連載が、gzipやtarによるファイルのアーカイブと圧縮。

 みんな大好き「#!シス管系女子 Season4」は、sshトンネリングにより踏み台サーバーを素通りしてファイルを転送する方法。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1372-369a330b

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad