本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

ポメラDM200にDM100から乗り換えた

キングジム デジタルメモ ポメラ ブラック DM200
キングジム
売り上げランキング: 3,474

 テキスト入力専用マシン「ポメラ」を、DM100から、2016年に発売された最新機種「DM200」に乗り換えました。

 DM200が発売された当初は「Wi-Fi対応」がクローズアップされて、「Wi-Fiいらないし、それで5万円超えるんじゃ、DM100でいいや」と思っていました。しかしその後、インタビュー等で、日本語変換を組み込みATOKからより高性能なものに替えるために、OSから作り直したという話が公開されるようになりました。DM100の日本語変換には少し不満がありましたし、仕事が効率化されるならお金を払ってもいいかなと思い、DM200を買うことにしました。

 以下に、ざっとDM200の感想をまとめておきます。私としては満足しています。なお大前提として、(主に出先で)まとまったテキストを入力するのが仕事とか重要な趣味とかいう人以外にはお勧めしない、特化型デバイスです。

良かった点

  • 日本語変換:DM100では思ったとおりに変換できなくてストレスを感じましたが、DM200なって改善されました。ただし、予測変換とかには対応していません。
  • 文字コードと改行コードが変更可能に:いままではShift-JISとCRLF改行固定でしたが、DM200ではUTF-8やLF改行に設定で変更できるようになりました。ただしBOMつきUTF-8です。
  • ひっくり返らなくなった:DM100ではキーボード側が軽くてディスプレイ側が重いため、大きく開くとひっくり返りそうになることがありました。DM200ではキーボード側にバッテリーが入っっているそうで、ひっくり返りにくくなりました。
  • USB端子がminiUSBからmicroUSBに:ポメラ専用にminiUSB端子のUSBケーブルを持ち歩く必要がなりました。

ややネガティブな点(慣れればいい程度)

  • USB接続でPCからマウントするときに操作が必要に:DM100ではつなげばマウントされましたが、DM200ではメニューから「PCリンク」を指定するようになりました。まあ、慣れです。
  • 蓋を開けて電源が入るまで3秒ぐらいかかる:とりあえず今のところそれほど困っていません。

その他

  • 乾電池からUSB充電式に:予備電池に入れかえることはできませんが、汎用のUSB充電器が使えて、しかも動作中にも使えるようになって、プラスマイナス(ややプラス)という感想です。
  • オートセーブ機能:事前にオートセーブ機能が付いたということで期待していました。一定時間ごとにセーブする機能を期待していましたが、そうではなく、ファイルを開くときやPCとつなぐときにセーブする機能でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1365-03160e95

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad