本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「ルート66をゆく」

ルート66をゆく―アメリカの「保守」を訪ねて (新潮新書)
松尾 理也
新潮社
売り上げランキング: 210,596

 本書のきっかけとなったのは、米大統領選における「分断」だという。アホだ負けだと言われていた共和党候補が、実際の大統領選では、民主党候補に票数では負けたが選挙人の数で勝って大統領に選ばれた。

 というわけで2006年に出版された本書は、ジョージ・W・ブッシュ大統領当選を背景に、アメリカの「マザー・ロード」ことルート66(国道66号線)沿い、アメリカ中西部「ハートランド・オブ・アメリカ」に住む「ふつうのアメリカ人」とその保守志向を取材した本だ。

 ミズーリ州セントルイスでは、福音派教会のエンターテイメント性の高い説教を取材している。小さな都市ではないのに盛り場といえるような場所がほとんどなく、赤ちょうちんに集まるかわりに協会で説教を聞くのではないかと著者はいう。日本に住んだことのある教会のサポートチームのメンバーも、日本人の井戸端会議から赤ちょうちんまでのさまざまなつながりは、米国人の宗教心に近いのだと発言している。

 その福音派的宗教観に対してわれわれ平均的な日本人が奇異に感じるのが反進化論だろう。よく言われるように、高い教育を受けた知的な人にも進化論を否定する層があり、ID論を理論武装している。こうした反進化論などを背景に、進化論を教える学校を拒否するホームスクール運動があると本書でも書かれている。ちなみに、トランプ政権で任命された教育長官は、そうした運動を支持していると言われている。

 オクラホマ州オクラホマシティーでは、州兵について取材している。州兵は、それまでの安全な軍というポジションから、対テロ戦争でがらりと変わり、イラクに派遣された米兵の約40%を占めるようになったという。オクラホマシティーの州兵の母は「ブッシュや政府を批判するのは自由だけど、兵士の悪口は絶対にだめ」とその愛国観を語る。

 一方、オクラホマシティーで保守系新聞を発行する男は、(彼のいう)保守は共和党の中でもマイノリティだと考えており、「ブッシュはリベラル」と発言し、「グラスルーツ保守主義と政治エリートによる保守主義とはまったく違う」と主張する。大きな政府を嫌う彼らの考えでは、竜巻で被災者の家の修復を政府が税金で支援するのは道徳に反するのだという。

 ニューメキシコ州アルバカーキでは、州間高速道路の建設によって衰退したルート66の復興活動を取材している。「なぜ、ルート66が人気があるのかって? そりゃ、マーケティングだよ」という身もふたもない言葉。その背景にあのは、伝統とノスタルジーだという。

 アリゾナ州ダグラスでは、国境や人種の問題を取材している。高級住宅街の周囲にフェンスを張りめぐらして入口もゲートで遮断する「ゲーティッド・コミュニティ」。また、不法移民監視団体「ミニットマン・プロジェクト」の主宰者も取材する。「ベトナム戦争は反対、アフガンは賛成、イラクは反対」という複雑な立場をとる一方、「警察は侵入者の言いぶんを聞いてばかりだ」と主張する。

 最後にテキサス州アマリロを取材している。著者はウディ・ガスリーのファンで、ウディ・ガスリー博物館があると知って訪問する。リベラルかつ草の根の立場であるウディ・ガスリーは、リベラルからも保守からも認められたり攻撃されたりする両義的な存在なのだという。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1360-192abb36

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad