本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Q.E.D. iff」6巻、「C.M.B.」34巻

 人気コミックシリーズの最新刊が、今回も2冊同時発売された。以下、ネタバレに気をつけているつもりだけど、未読の方は念のためご注意を。

Q.E.D.iff -証明終了-(6) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 (2017-02-17)
売り上げランキング: 192

 「Q.E.D. iff」は、「地球に落ちてきたと言っている男」「急転」の2篇を収録している。どちらもラストが印象的だった。

 「地球に落ちてきたと言っている男」は、大学生になってもあいかわらずのミステリ研究会がらみでコミカルなタイトルだけど、意外とシリアスなalienの話だった。結末のこの可能性は気付かなかったなあ、映画でよくあるものなんだけど。それにしても、ミステリ研究会メンバーのお婆ちゃんって、女傑ぞろいだ。

 「急転」は、人気ドラマのプロデューサーが転落死した事件をめぐる、アリバイ崩しモノ。惜しい感じの刑事さんがいい味出してる。

C.M.B.森羅博物館の事件目録(34) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 (2017-02-17)
売り上げランキング: 253

 「C.M.B.」は、「消滅飛行」「マリアナの幻想」(前・後)「古屋」の3篇を収録している。

 「消滅飛行」は、1920年代に墜落して行方不明となった飛行機を探す話だ。博物ネタはデ・ハビランド・プス・モス。

 「マリアナの幻想」は、ブラジル移民の勝ち組(第二次大戦に日本が勝ったというalternative factを信じた人たち)だったイケイケの男がなぜ日本に帰り、老人になってどこに行ったか、そして魔女の宝の正体をたどる。これは確かに魔女だわ。

 「古屋」は、東京から田舎に引っ越した夫婦のまわりに起こる不可解な事件の意味を解く。何が起こっているかわからないまま話が進み、それを見方一つでひっくり返す展開と、その後に見えたものがいい感じ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1359-166c487f

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad