本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「真田より活躍した男 毛利勝永」

真田より活躍した男 毛利勝永
今福 匡
宮帯出版社
売り上げランキング: 355,970

 大河ドラマ「真田丸」の最終回、大坂夏の陣の天王寺の戦いでは、毛利勝永率いる毛利隊の無双っぷりが目立った。ゲームならチートかバグっかというぐらい。江戸時代に「惜しいかな、後世、真田を云いて毛利を云わず」とも書いた人もいたとか。

 本書ではその活躍のわりに知名度の低い毛利勝永(吉政)と父吉成(勝信)の生涯をたどった評伝だ。

 毛利勝永の毛利氏は元は森氏といい、出自はいまひとつ不明らしい。なので、森可成・長可(鬼武蔵)・長定(蘭丸)の一族という説もあるそうだけど、著者はそれは可能性が低いんじゃないかと書いている。

 吉成は豊臣秀吉に黄母衣衆として仕えた人で、秀吉の九州制覇にともない、黒田孝高(官兵衛)と分ける形で豊前を領地とした。勝永もそこで、当時鍋島家の主君だった龍造寺家から正室を迎えている。ちなみに、大坂の陣のときに勝永の大坂城入りを妻が背中を押した逸話があるけど、史実では正室はそれよりだいぶ前に若くして亡くなっているとか。

 関ヶ原では西軍について敗れて、親子で土佐に流される。細川ガラシャ自害もあった大坂城人質騒ぎのときに、山内一豊の妻を助けたのが縁で、山内家が助けたとのこと。九度山の真田に比べるとだいぶ待遇もよかったらしい。

 大坂夏の陣で勝永は上記のとおり活躍し、真田隊とともに家康を追いつめたものの、真田隊壊滅のあたりから大坂城側の敗色が濃くなる。ここで毛利隊は城に戻る兵を助けて殿をつとめた……ってどんだけ活躍するんだ。最後に勝永は大坂城に戻り、秀頼を介錯したとかしないとか(なにせその場にいた人はみな亡くなったので)。この手の例に漏れず生存伝説があって、土佐に戻ったという言い伝えもあるらしい。

 ちなみに著者は毛利勝永の知名度が低い理由として、「所縁の地元が存在しない」ことを上げている。なんでも、領地の九州では領民の評判がよくなかったとか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1356-993938de

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad